THE 大地’S 商材!! PART2 リンカルグアノ・クリーングアノ

 最近はなかなかいい天気が続かないですねぇ・・・おまけにまだまだ寒い日が続きますが・・・

風邪などひいていませんでしょうか??

お待ちどうさまでした!!(?待ってない??)

今回は取り扱い商材の紹介の2回目!!グアノを紹介したいと思います!!

グアノとは、海鳥やこうもりのフンが堆積したものを主成分とし、産地やその成分により多種のグアノ商材が販売されています。

成分的にはリン酸分とカルシウム分が多く含有しており、フミン酸(腐食酸)や各種微量要素も含まれた有機質肥料となっています。

残念ながら、グアノは日本国内ではほとんど産出されず、その大部分が輸入に頼っています。

我社の取り扱っているグアノも例外ではなく、インドネシアから輸入をしています。

こうもりのフンが主成分の「リンカルグアノ」、海鳥のフンが主成分の「クリーングアノ」の2種類を販売しています。

グアノの特徴として、①リン酸とカルシウムの共存により、比較的作物が利用しやすい状態で施肥することが出来る。(土壌中の鉄、アルミナと結合しづらい)

②腐食酸や各種微量要素が含有しているので、土壌微生物の環境改善も期待でき、土壌のケアの効果も期待できる。

③形状が粒状なので、作業がしやすい。等々、いろいろとありますよ!!

もちろん、日本国内での検査をクリアしていますので、安心してご使用いただけます。

最近は、畑にリン酸が過剰に残っているという診断が出ている方も多いと思います。

リン酸はその性質上、どうしてもそうなりがちですよね。(土に付着しやすいので・・・)

そんな時、グアノのような作物が比較的利用しやすいリン酸を投入するのも、ひとつの手かもしれませんね!!

腐食酸やカルシウム、微量要素の効果も期待しながら!!

家庭菜園等の野菜にも是非!!

興味を持ってもらえれば幸いです! 以上、グアノの紹介でした!(礼)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

ツールバーへスキップ